ハーブティーに秘められたいくつかの癒し効果などについて

サイトメニュー

日本茶

香りの王様に癒される

古くからアロマテラピーとして利用されてきたジャスミンには心身をリラックスさせる効果があります。お茶として楽しむ、香りを楽しむ、マッサージオイルとして使用するなどさまざまな利用方法がありますが適量を守ることでリラックス効果が得られます。
日本茶

香りの使い道

ジャスミンの香りにはリラックスできる力があり、幅広いシチュエーションで利用されています。精神的にツラい場合にも、ほのかに香るオイルを選ぶことで、優しく働きかけてくれるので、精神面での負担もかかりません。

ハーブティーについて

女性

癒し効果のあるハーブティー

茉莉花とも呼ばれるジャスミンは白色の花または黄色の花を咲かせる花で、芳香を放つためフレーバーティーやたばこの原料などによく利用されています。中国で人気が高いジャスミンティーには脂肪燃焼や美肌、人をリラックスさせるなどといったいくつかの効果があり、いずれも女性にとってためになる効果がほとんどです。ジャスミンティーには脂肪を燃焼させてくれるカフェインが含まれており、溜まった脂肪の燃焼や食事から摂取した脂肪分の蓄積を予防する効果があるので、ダイエット中に飲むと良いでしょう。ビタミンCも含まれており、ビタミンCにはターンオーバーや皮脂分泌量の正常化、コラーゲンの生成などの効果があるため、美肌づくりにかかせないと言えます。また、香りによるリラックス効果もあり、香りを嗅ぐことで神経が休まり精神的に深くリラックスできるようになります。強いストレスを感じている時や気持ちが不安定な時に飲むと、香りによって気持ちが落ち着き、ストレスを軽減させることができます。スーパーやコンビニなどで身近な場所で販売されている場合が多く、簡単に入手できるためダイエットなどに取り入れやすいです。

リラックス効果をもたらすジャスミンティーには、ビタミンCやカフェインなど様々な栄養素が含まれています。それだけでなく、ジャスミンの爽やかな香りにも成分が含まれており、含まれているのはリナロールやベンゼルアセテートという香気成分です。リナロールには抗不安作用や血圧降下作用、鎮静作用などの働きがあり、ベンゼルアセテートには人間の右脳に刺激を与えることで、自律神経の緊張を和らげる働きがあります。これらの作用で自律神経を整えることで、ストレスを緩和させて気分をリラックスさせてくれます。また、ファルネソールという成分もあり、リナロールとともに黄体ホルモンの不足を補うことで、女性ホルモンのバランスを整えてくれます。生理不順や産後の落ち込み、母乳の増加や更年期症状の緩和などに効果を発揮してくれます。これらの成分が含まれているジャスミンティーは健康的な飲み物として利用できるだけでなく、香りにも効果があるので、アロマセラピーの一つとしても取り入れられています。

茶葉

心のマッサージをしよう

ジャスミンを使ったアロマテラピーは古くから使用されています。精神をリラックスさせることができるので使ってみましょう。またアロマを学習できるアロマテラピースクールは、料金でサービスを選定すると良いです。
日本茶

香りの効果

心療内科以外にも一般の医療機関でアロマを導入していることがあります。特にジャスミンの香りはリラックス効果が高いので、落ち着いて診察を受けるために役立っています。使いすぎるのはよくないので適量を守る必要があります。
中国茶

心の落ち着け方

ジャスミンは、古よりアロマとして愛用されてきました。アロマセラピーにはリラックス効果があり、現在は病気治療にも役立つ可能性が探られています。ジャスミンは、アロマディフューザーや自家製スプレーで手軽に楽しめます。

Copyright© 2020 ハーブティーに秘められたいくつかの癒し効果などについて All Rights Reserved.