ハーブティーに秘められたいくつかの癒し効果などについて

サイトメニュー

香りの効果

日本茶

アロマを導入した治療

精神的に不安定な時、アロマオイルを炊くと心が落ち着くという人も多いです。アロマの効果を生かして、心療内科で診察を行っているというクリニックもあります。リラックスをしたい時にジャスミンの香りが効果的だということもあるので、心療内科を受診しなくても、ジャスミンのアロマオイルを使ってみるとよいでしょう。他にもラベンダーなどもリラックス効果があります。心療内科の中にはアロマの資格を取得しているスタッフが常駐をしており、カウンセリングを行ってオリジナルのアロマオイルを調合してくれるところもあります。自分のために調合をしてくれるので、症状に合うものを選んでくれます。どんなに効果を期待することができたとしても、使いすぎはあまり好ましくはありません。香りも強すぎると気持ちが悪くなることもあるので、適量を使う程度にしておくとよいでしょう。どれくらいの量をどんな形で使うのがベストなのか、アドバイスを受けた上で利用をしたほうがよいです。使いすぎてしまうと健康を害することもあります。

医療機関でもアロマオイルを使っていることがあります。待ち時間のストレスを緩和させるために導入しているなど、目的に応じたアロマオイルを使っています。ジャスミンはリラックス効果があるので、人気も高いです。リラックスをしないと診察に時間がかかってしまう、という診療科もあります。ジャスミンの香りを少し漂わせているだけで、心が落ち着くということがあるので、医療現場でも積極的に使われているということがあります。あまり強い香りでもないので、いかにもアロマオイルを使っているというキツイ感じではありません。さりげなく、という程度のほうがよりリラックスをすることができます。一般の医療機関でも導入はされていますが、心療内科などの精神的な疾患を抱えている患者が多い医療機関でも導入をしていることが多いです。香りと心の関係性も注目を集めており、専門の資格を取得したアロマアドバイザーなどが定期的に香りのチェックをすることもあります。ジャスミンは身近な香りでもあるので、それだけでもリラックス効果は高いと言われています。

Copyright© 2020 ハーブティーに秘められたいくつかの癒し効果などについて All Rights Reserved.